ごきげんよう、しずかでございます。

今日は、主婦が在宅ワークを

する場合の 「ネットビジネス」

について

今から始める優位性について

お話をさせて頂きます。

 

今からネットビジネスを始めても

出遅れているのでは?

と思ってらっしゃるのであれば

ぜひ、最後まで お読み頂けましたら

と思います。

 

結論から申し上げますと、

今から始めて、遅くはありません。

逆に有利なのです。

 

ネットビジネス 今から始める優位性

 

インタネット環境が ほぼ完全に整った

 

この記事を読んで下さっている

あなたは、間違いなく

インターネットユーザーですね。

 

以前にも お話をしましたが

2019年2月(今年の2月ですね)

スマートフォンの普及率は

85.1% です。

もはや、もっていて あたりまえ。

という時代ですね。

 

75歳の私の父も

スマートフォンユーザーで

仕事で バリバリに使用して

います。

とても便利になり、業務の

効率化にも つながっている。

と、話しています。

 

そして 無線 LAN に関してですが

古い調査報告書になりますが

2014年に総務省が公表した

結果によりますと

自宅に無線 LAN がある。

という割合は 68.6%

 

5年前に 既に約 7割の家庭に

無線 LAN があるという事に

なりますね。

現在は更に増加している事が

容易に想像できますね。

 

公衆無線 LAN に関しても

総務省は 2020年開催の

東京オリンピックまでに

更なる整備の促進に

取り組んでいます。

 

そして、昨日は Twitter が

きっかけで米朝首脳会談が

実現しました。

 

まさに国際情勢を動かす程に

インターネットが影響力を

持つ時代になっています。

 

まさに このインターネット環境

において「遅すぎる」等という

事は、全くないのです。

 

成功モデルを真似できる

 

今からでは 遅いのか?

と、考えるという事は

既に ネットビジネスで成功を

している人が出ている

と、同じ意味になりますね。

 

ネットビジネス先駆者の方々は

とても苦労をして、失敗を重ね

なんとか収入を得る事ができる

ようになったそうです。

 

そういった先駆者から学ぶ事も

できますし

例えば「アフェリエイトの稼ぎ方」

等のノウハウを購入する事も

可能なのです。

 

先駆者が苦労に苦労を重ね

やっとできた ビジネスモデルを

使う事ができるのです。

言い換えれば、お金を払えば

「成功する方法」を手に入れる事

が 出来るなんて、凄い事だと

思いませんか?

 

高度なシステムの登場

 

少し分かりにくいかも

しれませんが、以前には

なかった高度なシステムが

登場した事によって

「仕組化」

「収入の自動化」

が、非常に簡単にできる

ようになりました。

 

先駆者の時代には なかった

システムです。

彼らは その為

コンピューターの専門知識まで

勉強する等して一歩一歩

相当の努力と行動をして

成果を出したのです。

 

今日では、

「効果的に稼げる環境」が

整っているのです。

 

ネットビジネスの知名度が上がった

 

あなたも、記憶にありませんか

ひと昔前は

ネットビジネス = 詐欺・怪しい

というイメージが一般的でした。

 

更に、インターネットビジネスと

ネットワークビジネスが同じと

思っている人も沢山いました。

 

現在では、まだ一般的では

ありませんが

「パソコン一台で稼ぐ」

という事が大分 認知されて

きました。

 

パソコン一台とインタネット環境

さえ あれば収入を得る事が可能

という事の「認知度」が

上がっています。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ネットビジネスを今から始める

優位性は、ご理解頂けましたか?

 

優位性のポイントをまとめます。

  • インタネット環境がほぼ完全に整った
  • 成功モデルを真似できる
  • 高度なシステムの登場
  • ネットビジネスの知名度が上がった

 

以上の様に

今から始めるという事は

決してデメリットであったり

遅いという事はないのです。

逆に「優位」だと

あなたには、お考え頂き

たいです。

 

今からでは遅い。と感じて

らした方は、ぜひ 考え方を

変えて頂けましたらと

思います。

 

今日の投稿が何か あなたの

気付きになれば幸いです。

 

本日も、最後までお読み下さり

ありがとうございます。

 

また、明日のブログでお会いできる事を

楽しみにして居ります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事