ごきげんよう、しずかでございます。

 

今回はダイエットと血糖値の関係

おいてのガム・グミの活用について

お話をして参ります。

 

食事を摂った時の血糖値の上がり方は

ダイエットと関係があります。

 

空腹時に いきなり食べ物を沢山摂ると

血糖が一気に増加します。そして膵臓から

インシュリンが分泌され上がった血糖を下げ

エネルギーとして使えるように血糖を

筋肉へと取り込みます。

ところがエネルギーとして使いきれずに

余ってしまった血糖は脂肪として体内に

蓄えられてしまうのです。と北里大学

北里研究所病院糖尿病センター長の

山田悟さんは仰っています。

 

ダイエット中のガム・グミの活用法[血糖値との関係について]

 

私は 30代に太った時の主な原因はストレス

でした。でも、他にも原因はありました。

 

当時、私は中国料理店のフロント件 事務所で

働いていました。

朝食を 6:00頃に食べ、昼食は 15:00前後

でした。お腹が空き切った状態で豪華中華料理

バイキングに参戦。という感じでした。

 

お腹が空き切っているので、ついつい

必要以上に沢山食べてしまっていました。

 

血糖値急上昇状態ですね。

 

あなたは、空腹時間が長くて 次の食事を

沢山一気に食べてしまう事はありませんか?

 

ガム・グミ活用法

 

食事と食事の間の時間は

4時間 ~ 5時間が理想とされています。

 

その理想的な時間を超えて、お腹が空き切って

しまった時の救世主がガムやグミなのです。

 

残念ながらベストチョイスではありません。

ナッツ類・ヨーグルト・あたりめ・ゆで卵の方が

ベストです。

でも、理由があって食べられない場合 例えば

外出中や お仕事中にベストな食べ物を口を

モグモグさせながら食べるのは難しいと

思いませんか?

歩きながら、ゆで卵を食べるのは下品ですよね?

そして、いつも準備できているか?も疑問です。

 

大切な事はお腹が空き切った状態で次の食事を

沢山食べ過ぎない事です。

ガムもグミも糖分は含まれていますが、私の場合

15:00前後の昼食の食べ過ぎを防ぐ事には成功し

ダイエットも順調に進みました。

 

血糖値は安定が良い

 

血糖値をグラフにした場合、グラフの

山と谷の上下動の波は小さい方が良いのです。

(詳しく言うと血糖値は常に70~140の

範囲内である事が理想的です。)

 

ダイエット中のおやつは NG のイメージが

ある方もいらしゃるかと思いますが

言葉は汚いですが、ドカ食い防止の為には

長時間の空腹を我慢するより適度に口に

いれた方が血糖値の安定の為には良いのです。

 

… かと言って、解釈を間違えて

ダイエットをする時は おやつを食べた方が良い。

等と思う存分おやつを食べたりはしないで下さい。

あくまでも、次の食事を沢山摂ってしまわない為の

工夫です。量的にも沢山 食べ過ぎたりは絶対に

しないで下さいね!

 

そもそも血糖値の事がよく分からない。という方は

下記の記事を参考になさってみて下さいませ。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ダイエット中の おやつは絶対に禁止

などと根性や我慢のダイエットは止めて

楽しくダイエットを継続して下さい。

 

理想的な食事と食事の間の時間は

4時間~5時間です。

あらかじめ食事を摂れない時間が それ以上

だと分かっている場合には小袋入りの

ナッツ類を用意しておくと良いですね。

ナッツにはダイエット中に不足しがちな

ビタミン・ミネラルが含まれています。

けれどもカロリーは高いので食べ過ぎには

充分 注意して下さい。

(例えば、クルミは 1かけ 3g で 20㎉です。

おやつは 1日 200㎉ 程度が適当です。)

 

そして今回お話しをしましたガムやグミは

確かに糖質が多いです。ベストチョイスでは

ありませんが落ち着いて ゆっくり噛む事により

次の食事の食べ過ぎは防げます。

急遽 必要になった時にも手に入れやすいです。

 

フレキシブルに対応して あなたのダイエットが

成功する事を心より祈って居ります。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事