ごきげんよう、しずかでございます。

 

今回は、寝ながらできるエクササイズ

を紹介して参ります。

 

あなたは男性が、女性の身体のどこ

を見て ぽっちゃりかどうかを決めて

いるかご存じですか?

太ももの太さや隙間、そしてお尻の形

を基準としてるという声が多いのです。

 

全体的には痩せられても、もっと脚痩せ

をしたい。という気持ちはよく分かります。

 

私はパーソナルトレーナーについてもらい

正しいダイエット方法を学ぶ事が

出来ました。

反面、最強と言われているスクワット

のフォームが難しい事も身をもって

体験しました。

ですので今回は比較的 実践しやすい

寝た姿勢でできるエクササイズ

紹介致します。

 

動画でも、お話をして居ります。

併せてご覧下さいませ。

 

 

寝る前にエクササイズをして

そのまま 眠ってしまっても良い

ですし、ダイエット意識の高い

あなたは ゆっくりしている時間

も無駄にしたくないと横になった

スタイルでのエクササイズを

なさっても良いですね。

 

ダイエットの初心者向け、寝ながら脚痩せ

 

エクササイズ 1

 

内ももお尻を同時に鍛えられる

エクササイズです。そのほか

お腹や背中、骨盤底筋も鍛えられる

エクササイズです。

 

 

 

 

 

 

仰向けになります。

両腕は身体に沿って 真っ直ぐ

伸ばします。

両膝を立てます。この時

膝は揃えかかとは なるべく

お尻の方へ引き寄せます。

 

 

 

 

 

尾骨から ゆっくりと背骨を引き上げ

ます。

  • 膝は開かない ※
  • 内腿を意識する
  • お尻の穴は締める

背骨を一本ずつ意識する事で

左右バランスよく筋肉が

ついていきます。

 

できる所まで引き上げたら

背骨を一本一本下ろします。

骨盤が左右に揺れないように

床と平行に保ち ゆっくりと

下ろしていきます。

 

※ 膝を開いてしまうと内ももへの

効果がなくなります。

膝が離れてしまう場合はタオルなどを

内ももに挟んで行ってみて下さい。

 

エクササイズ 1 【キープで更に…】

 

上記の要領と同じように骨盤を

引き上げます。

今度はキープします。

お尻は緩まないようにしっかりと

引き締め、骨盤も落ちないように

高さを保ちます。

ぷるぷるして辛くても美しくなれる

事をイメージしてキープしましょう。

でも、無理は禁物です。

 

エクササイズ 2

 

エクササイズ 1 を片足で行う

イメージのエクササイズです。

骨盤矯正や腸腰筋に効きます。

腰痛に悩む方にもお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

↑ スタートポジション

上から見たところです。

 

仰向けになって足の裏どうしを

あわせます。

 

 

 

 

 

 

足の裏を合わせた状態から

右膝を立てます。

 

 

 

 

 

 

右膝を立て、右のお尻を持ち上げる。

 

エクササイズ 3

 

太もも痩せに効果を発揮する

エクササイズです。

下半身のむくみが解消されますので

寝る前に行うのも良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

仰向けになり両膝を抱えます。

太ももをしっかりとお腹に近づけて

5秒間キープします。

 

 

 

 

 

 

次に頭を起こして身体を丸めます。

10秒間キープします。

目安は 5回 繰り返して下さい。

 

まとめ

 

比較的 実践しやすいエクササイズ

と言っても、久し振りに身体を

動かす方にとっては

思うようにお尻が上がらない

バランスがとれない

など、最初は難しく感じる

可能性も勿論あります。

 

あなたが もし、最初に上手く

できない。と感じたとしても

回数をこなすうちにだんだんと

できるようになります!

 

美しい太ももの隙間を作る。

私は美しく痩せる。とワクワク

しながら練習して下さい。

 

絶対に、自分を責めたりストレスを

溜めたりしないで楽しんで実践して

下さい。

 

一つだけ、お願いがあります。

アクセルとブレーキを同時に踏む

ような行為はしないで下さい。

折角、美しくなる為にエクササイズ

を実践しているのに

食べ過ぎてしまったり、必要以上に

お菓子を食べたりはしないで下さい。

 

今回紹介をしたエクササイズは確かに

効果がありますが、エクササイズだけ

で痩せられる訳でもありません。

 

その事をきちんと意識してダイエットを

成功させて下さい。

あなたのダイエットを応援しています。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事