ごきげんよう、しずかでございます。

 

今回は、ダイエット中に摂るべき油

についてお話をして参ります。

 

油は三大栄養素のタンパク質・脂質

脂質の脂質にあたります。

40代からのダイエットには三大栄養素

をきちんと摂取する事が とても大切

です。

 

「油は身体の組成成分で、細胞膜も

ホルモンも脂質によってできています。

なので、油を抜いてしまうと肌や髪

がガサガサになり、女性としての

美しさを失うことに(後略)」と

3万人もの肥満治療をなさった肥満

外来の佐藤桂子専門医も仰って

らっしゃいます。

 

動画でも、お話をして居ります。

併せてご覧下さいませ。

 

 

ダイエット中に40代女性が摂るべき良質な油

 

油は、大きく分けると「飽和脂肪酸」

「不飽和脂肪酸」の 2種類に分け

られます。

 

飽和脂肪酸は、人間の体内でつくる事

が出来る脂肪酸です。

バターやラード、肉の脂身などの

動物性脂肪に多く含まれています。

常温で固形の油ですね。

 

飽和脂肪酸を摂って数時間 経過すると

脂肪分が固まって血液の粘度が高く

なります。その為飽和脂肪酸を過剰

に摂ると血液中にコレステロールや

中性脂肪が増え血液の流れが悪く

なり、血液を通じて細胞などに運ば

れる栄養素に酸素が充分に行き渡ら

なくなります。

そうなると、動脈硬化や心疾患など

の危険性を増大させる事になります。

 

不飽和脂肪酸は、人間の体内でつくる事

が出来ない必須脂肪酸も含まれており

ダイエット中にも しっかりと摂るべき

油です。

 

では、不飽和脂肪酸についてみて

参りましょう。

 

不飽和脂肪酸

 

不飽和脂肪酸は「多価不飽和脂肪酸」

「一価不飽和脂肪酸」があります。

 

多価不飽和脂肪酸と一価不飽和脂肪酸

の詳しい構造の違いなどをお話すると

複雑な化学の授業のようになりますので

今回は、省いてシンプルにお話させて

頂きます。

 

多価不飽和脂肪酸

 

多価不飽和脂肪酸は

  • オメガ 3系脂肪酸
  • オメガ 6系脂肪酸

に分けられます。

 

オメガ 3系脂肪酸

 

オメガ 3系脂肪酸は、えごま油

亜麻仁油・青魚 など

に多く含まれています。

 

人間の体内でつくる事が出来ない

必須脂肪酸です。

 

オメガ 3系脂肪酸は脂肪になり

にくく、中性脂肪を減らし善玉

コレステロールを増やす働きが

あります。

また、血圧を下げる効果 動脈硬化

を防ぐ効果もあります。

 

オメガ 3系脂肪酸はダイエット中

には、しっかり摂りたい油だと

言えます。

 

注意点としては、オメガ 3系脂肪酸

は加熱に弱い為そのまま かけて

食べる等の工夫が必要です。

また、冷蔵保存をして下さい。

 

オメガ 6系脂肪酸

 

オメガ 6系脂肪酸も人間の体内でつくる

事が出来ない必須脂肪酸です。

免疫力アップ・アンチエイジング効果

血中のコレステロール濃度を下げる等

良い効果を持つ脂肪酸です。

 

しかし、サラダ油・ごま油・綿実油

身近な油に含まれている為 意識して

摂ろうとするよりも どちらかと

言うと摂り過ぎに注意した方がよい

油とも言えます。

 

オメガ 3系脂肪酸・オメガ 6系脂肪酸の比率

 

サラダ油に代表されるオメガ 6系脂肪酸

を 4に対して オメガ 3系脂肪酸を1

オメガ 6系:オメガ 3系 = 4:1

の割合で摂取できれば良いのですが

理想的には

オメガ 6系:オメガ 3系 = 1:1

です。

 

身体に良い効果がある オメガ 6系脂肪酸

ですが、自然に摂れている脂肪酸です

ので オメガ 6系脂肪酸を控えめにして

オメガ 3系脂肪酸をしっかりと摂れる

工夫をしたいですね。

 

一価不飽和脂肪酸

 

一価不飽和脂肪酸はオメガ 9系脂肪酸

です。

オメガ 9系脂肪酸は人間の体内でつくる

事ができる脂肪酸です。

オリーブオイル・キャノーラ油・アボカド

などに含まれています。

 

悪玉コレステロールの濃度を下げる効果

があります。

また、脂肪や糖の代謝を促進する働きや

抗酸化作用もあります。

 

精製したオリーブオイルではダイエット

への有効成分が取り除かれてしまうので

ダイエットに特化した目的でオリーブオイル

を購入する際には成分表示をきちんと

確認する事を忘れないで下さい。

 

そして、人間の体内でつくる事が

できる脂肪酸ですので摂り過ぎ

には注意して下さい。

 

まとめ

 

ダイエット中に特に摂るべき油

オメガ 3系脂肪酸であるという

事がお分かり頂けたかと思います。

 

しかし熱に弱いので えごま油など

でしたらドレッシングにするなど

工夫が必要です。

 

青魚に関しては、焼き魚の場合は

表面は酸化しても内側の脂肪酸は

大丈夫ですので安心して下さい。

煮魚でしたら、影響が ほとんど

ないので煮魚の方が脂肪酸に

関してはお勧めといえます。

 

油は 1gあたり 9㎉ です。

高カロリーな栄養素ですが人間の

体内でつくる事が出来ないものも

ありますので全く摂らないという

のはダイエットだけではなく健康面

からも良くない事です。

 

油とも上手につきあい あなたの

ダイエットを成功させて下さい。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事