ごきげんよう、しずかでございます。

 

今回は、

ダイエットを難しい。と考えている方へ

本質を理解してシンプルに考える。

という事について お話をして参ります。

 

あなたは、流行りのダイエットをしたり

ダイエットでリバウンドをして

ダイエットは難しいと考えてしまって

いるのかもしれませんね。

 

小手先のテクニックではない

一生 使えるダイエットの

基本的な方法をこの記事を読んで

頂けましたら理解して頂けます。

 

ぜひ、最後までお読み頂き

正しい シンプルなダイエットの知識を

得て下さいませ。

 

 

動画でも、お話をして居ります。

併せてご覧下さいませ。

 

 

 

ダイエットは難しい?シンプルな思考でトライしましょう

 

無理・ストレスは厳禁

 

多くの「肥満外来」の医師も

ダイエットをするうえで

無理をしたり、ストレスを貯めたり

する事により リバウンドを招く。

 

また、「○○抜き」「○○だけ」

ダイエットも 身体に良くない。

と仰ってらっしゃいます。

 

 ダイエットの公式

 

ダイエットは基本的には シンプルに

この公式から成り立っています。

 

摂取カロリー < 消費カロリー

  

あなたは、そんな事は、あたりまえ。

と、感じてらっしゃる事でしょう。

 

ですが情報や流行にまどわされて

ダイエットに失敗したり

リバウンドをしてはいませんか?

 

平成時代に流行したダイエット

 

平成時代に流行したダイエットの一部です。

 

  • りんごダイエット
  • ゆで卵ダイエット
  • 寒天ダイエット
  • チョコレートダイエット
  • カ○ピ海ダイエット

 

これらのダイエットを全否定する

つもりはございません。

  

りんごも寒天もヨーグルトも

ダイエットの味方と言える食材です。

 

卵は完全栄養食材、

低カロリーで良質のタンパク質を

摂る事ができます。

 

チョコレートは、リラックス効果や

ポリフェノールの抗酸化作用など

ダイエットには良い食品です。

 

 

ただ、それだけに依存してしまったり

無理をして実践されていた方も

いらしたのではないでしょうか?

 

現在でも実行継続してらっしゃる方も

いらっしゃるかもしれません。

 

でも、ブームに終ってしまった

小手先のテクニックだとは感じませんか?

  

流行りのダイエットを実践する時に

 

摂取カロリー < 消費カロリー

 

というシンプルな公式を

考慮したうえだったでしょうか?

 

ダイエットの基本

 

今一度、基本に戻って下さい。

 

摂取カロリー

 

食事はバランス良く きちんと食べて下さい。

 

あなたが、主婦で実践可能でしたら

ダイエット中の 朝・昼・夜の食事の

黄金比率は 3:5:2

 

この黄金比率は「糖尿病」を専門に

診てらっしゃる内科医も お勧めの比率です。 

 

そして、本来であれば 18:00 以後

難しいのであれば 21:00 以後

食べないで下さい。

 

就寝 3時間前には、食事は済ませて下さい。

 

消費カロリー

 

消費カロリーの中で最も注目すべきは

基礎代謝です。

 

基礎代謝は、何もしなくても

眠っていても 消費されるカロリーです。

 

基礎代謝は 16歳 ~ 18歳をピークに

なだらかな下り坂になり

なんと、40歳を過ぎると急激に下がります。

 

その基礎代謝を上げる方法を 少し紹介します。

 

姿勢を良くする。

姿勢を良くしただけで基礎代謝が上がり、

更に筋肉が鍛えられます。

 

質の良い睡眠をとる。

寝不足は、基礎代謝を下げます。

難しい事は抜きにして 睡眠中には

全身の細胞の新陳代謝が行われます。

新陳代謝がスムーズに行われると

基礎代謝も上がります。

更に、質の良い睡眠をとる事により

内臓の疲れを しっかり取り除く事が

でき、疲れにくくなります。

 

湯船につかる

入浴するだけでもカロリーを消費します。

更に血流を良くする事で代謝が上がります。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回、お話を致しました 食事と基礎代謝を上げる

行動をして頂くだけでも 1週間と経たないうちに

身体に変化がでて参ります。

 

ぜひ、積極的に日々の習慣に 加えて頂きたいです。

 

今回の投稿が「辛口」に感じられた あなたは

実践して頂けば かなりの効果が得られるでしょう。

 

今回は、ざっくり概要をお話しして参りました。

 

次回以降、それぞれについて

掘り下げた記事をアップ予定でございます。

 

あなたのダイエットのお役になれば 幸いです。

 

最後までお読み頂き ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事